ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 企画財政課 > 宇佐市の財務情報

宇佐市の財務情報

印刷用ページを表示する 2014年7月11日更新
 現在の地方公共団体の公会計制度は、「現金主義会計」であり、その年にどのような収入があり、それをどのように使ったかといった現金の動きが分かりやすい反面、市が整備してきた資産・負債等のストック情報や行政サービス提供のために発生したコスト情報不足といった弱点がありました。
 そこで、現行の会計制度を維持した上で、更に企業会計の手法である「発生主義」の考え方を取り入れ、「新地方公会計制度」の総務省方式改訂モデルにより、普通会計財務4表及び特別会計9会計、一部事務組合5会計、市の出役立てる公社、第三セクター5会計と普通会計とを連結させた連結財務4表を作成しました。
 『新地方公会計制度』の主な目的である市民の皆さまへの財務情報の適切な開示とともに、行政経営への活用を図り、資産・債務の適切な管理、更に健全な財政運営に努めていきます。

普通会計財務諸表

連結財務諸表

財務諸表の分析(年度別)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)