ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 企画財政課 > 平成26年度決算における社会保障関連経費の状況について

平成26年度決算における社会保障関連経費の状況について

印刷用ページを表示する 2015年12月22日更新

地方消費税交付金(社会保障財源化分)が充てられた経費の状況をお知らせします

 平成26年4月1日より消費税が5%から8%へ引き上げられたことに伴い、地方消費税交付金の増収分については、主として今後の増加が見込まれる年金や医療、介護、少子化に対処するための経費などの「社会保障施策に要する経費」に充てるものとし、その使途を明確化するものとされています。

 宇佐市の平成26年度決算における社会保障関連経費への充当状況については、国民健康保険や介護保険といった社会保険費のほか、児童福祉や障がい者福祉、高齢者福祉費などに充てられています。

 詳細につきましては、以下のファイルをご覧ください。


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)