ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 企画財政課 > 指定管理者制度について

指定管理者制度について

印刷用ページを表示する 2017年4月1日更新

指定管理者募集

現在募集中の指定管理施設はありません。

指定管理者制度とは

  指定管理者制度とは、平成15年6月の地方自治法の改正により創設された制度です。

  従来、市民の皆さんが利用されているスポーツ施設や文化施設などの「公の施設」(※1)の管理は、市が直接運営(直営)するほかは、市の出資法人(※2)、公共団体(※3)や公共的団体(※4)のみが行うことができましたが、本制度の創設により、民間事業者等を含めた「法人その他の団体」でも管理を行うことができるようになりました。

※1 公の施設とは住民の福祉を増進する目的をもってその利用に供するための施設

※2 出資法人とは、市が資本金、基本金など法人の基礎となるものを出資している法人

※3 公共団体とは、法令に基づき一定の行政を行うことを存立の目的としている団体

※4 公共的団体とは農業協同組合、森林組合その他の協同組合、商工会等の経済団体、社会福祉協議会等の厚生社会事業団体、青年団、婦人会等の公共的活動を営むもの

指定管理者制度を導入することにより、期待される効果

1.多様化する住民ニーズに、効果的、効率的に対応することで、より質の高いサービスの提供が期待されます。
2.民間事業者のノウハウを活用し効率的な施設運営を行うことで、管理運営経費の縮減が期待されます。
3.特色のある事業を自主的に企画し、実施することで、施設の魅力がアップし、利用の促進が図れます。 

ダウンロード

平成29年度 指定管理者導入施設一覧 [PDFファイル/109KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)