ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 南部分署 > 安心院支所のみなさんが救命講習を行いました

安心院支所のみなさんが救命講習を行いました

印刷用ページを表示する 2014年10月14日更新

 平成26年10月7日(火曜日)、8日(水曜日)に宇佐消防署南部分署で普通救命講習が行われ、8名の方が受講されました。この講習は、(救急車がくるまでに)をテーマに、応急手当に必要な基礎知識のほか、「胸骨圧迫」や「人工呼吸」、「AEDの使用法」、「止血法」などの実技中心の講習が行われます。 呼吸や心臓が止まったり多量に出血している人の命は、救急車が到着するまでのわずか数分の間に、“応急手当”を受けたかどうかで大きく左右されます。
 何の手当てもしないで救急車を待っているだけでは、助かる命も助からなくなってしまいます。欧米では応急手当が広く一般に普及しており、日本とは比較にならないほど救命率が高くなっています。安心院支所のみなさんもこの講習で正しい「応急手当」の方法を身につけ、家族の命はもちろん、あらゆる人々の救命に役立てください。

AEDの取扱い説明について心肺蘇生法の実技