ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 消防課 > 宇佐消防日記その3~多数傷病者対応と口頭指導署内研修会~

宇佐消防日記その3~多数傷病者対応と口頭指導署内研修会~

印刷用ページを表示する 2017年12月25日更新

多数傷病者対応と口頭指導に関する署内研修会を実施しました

 平成29年12月19日(火曜日)と20日(水曜日)の2日間にわたり、災害時における多数傷病者の対応と口頭指導について署内研修を実施しました。みなさんはトリアージや口頭指導という言葉を聞いたことがありますか?トリアージとは、大事故や災害などで同時に多数の傷病者が出た時に、一人でも多くの傷病者に対して最善の治療を行うために、傷病者の緊急度に応じて搬送や治療の優先順位を決めることです。口頭指導とは119番通報時に、通報者や傷病者のそばに居合わせた人に消防署の通信司令員から応急手当や心肺蘇生の方法を電話越しに伝えることです。市消防本部でも119番受信時に口頭指導を実施しています。口頭指導は救命の連鎖に必要不可欠です。命を救うために、家族や通報された市民の方のご理解とご協力をお願いします。

研修風景
口頭指導の講習風景多数傷病者対応の机上シミュレーション多数傷病者対応の机上シミュレーション

口頭指導研修

多数傷病者対応の机上シミュレーション

トリアージ机上シミュレーション

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。