ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 予防課 > 宇佐市救マーク認定制度を創設しました

宇佐市救マーク認定制度を創設しました

印刷用ページを表示する 2017年2月1日更新

救マーク この制度は、自動体外式除細動器(AED)を設置し、救急事案が発生したとき迅速な対応ができる施設であることを認定します。
 そして、その証として右図の「救マーク」を見やすいところに掲示していただきます。そのことにより、市民の安全・安心な生活を守るまちとしての環境整備を促進し、救急事案における救命率の向上及び応急手当普及啓発を目的とします。

認定の条件
(1) 普通救命講習以上を受講した従業員等が、その施設の公開営業時間中に常時勤務し、
  すみやかに応急手当てが実施できること。
(2) 救急事案が発生した場合、救急隊とスムーズな連携が行えるなど連携 体制を構築した
  救急活動計画を策定していること。
(3) AEDを設置していること。

 スーパー、旅館、ホテル、観光施設、スポーツ施設、事業所など不特定多数の方々が利用する施設への普及を考えていますので、ふるって申請してください。期限は認定してから3年間で、更新も可能です。

 

Word形式

PDF形式

申請書

[Wordファイル/13KB]

[PDFファイル/73KB]

救急活動計画書

[Wordファイル/16KB]

[PDFファイル/143KB]

リンク

宇佐市内AED設置場所

宇佐市消防本部救急講習予定

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)