ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

消防人生の始まり

印刷用ページを表示する 2017年4月12日更新

 平成29年4月6日(木曜日)に大分県消防学校にて、消防職員初任教育(第70期)の入校式が行われました。県下14消防本部のうち13消防本部から総勢53名が入校し、宇佐市消防本部からは3名の職員が入校しました。
 初任教育は、新たに採用された職員に対して約半年間にわたり消防職員としての知識・規律・体力などを教育する課程です。多くの仲間とともに厳しい学校生活を乗り越え、半年後には頼もしい姿へとなって市民の期待に応えられるよう頑張っていきます。

入校式風景消防長と入校職員

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。