ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 院内支所市民サービス課 > 秋の山野草でごちそう料理~薬草料理マイスター講座~

秋の山野草でごちそう料理~薬草料理マイスター講座~

印刷用ページを表示する 2017年10月3日更新

秋が深まってきました。院内つみ草料理の会から、院内の山の幸をご紹介します。

院内つみ草料理の会で「薬草料理マイスター講座」を開催中

今年の4月より、毎月1回、院内支所の山村開発センターで「薬草料理マイスター講座」を開講しています。
NPO法人 おくすり研究会代表で薬学博士の 矢野 忠則 先生を講師として、身近にある山野草の効用を学習しています。
(参加者の募集は終了しています)

9月は野山にある野草や薬草を使っての調理実習を行いました

9月25日(月曜)は、受講生が身近な野山で摘んで集めた食材をもとに、いろいろな料理を考えました。
     <アケビは皮の天ぷらとスイーツに>       <ベニバナボロギクは和え物に>      <ドクダミの根は炊き込みごはんへ>
アケビベニバナボロギクドクダミの根

からだにおいしい「つみ草御膳」のできあがり

見た目もきれいに、夏の疲れた体を整えてくれそうな、おいしい「つみ草御膳」ができました。
天ぷら丁寧な下ごしらえ山の幸のごちそう料理
  <キクイモの花を上手に天ぷらに>       <手早く丁寧に下ごしらえ>       <山の幸のごちそう料理になりました>

 料理:どくだみの根のご飯 つみ草団子とつゆ草のお吸い物 スベリヒユのおひたし ベニバナボロギクの胡麻和え 柿の白和え
     天ぷら(アケビ・ミョウガ・キクイモの花・紫蘇の花・ウドの花・ユキノシタ)
 甘味:つみ草団子のアケビソースかけ、柿の皮のかりんとう (もちより:イチジクの葡萄酒煮 栗餡寄せ)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。