ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 院内支所市民サービス課 > つみ草の体験イベントを開催しました

つみ草の体験イベントを開催しました

印刷用ページを表示する 2015年7月23日更新

矢野先生平成27年7月20日 月曜日 午前10時から宇佐市院内大門 で院内つみ草料理の会主催の体験イベントが開催されました。
おくすり研究会代表の矢野忠則氏に、実際に野草を採取しながら、食べられる草と食べられない草の見分け方や、その草の薬効や料理の仕方などをひとつひとつ詳しく説明していただきました。

オトギリソウ

 院内町大門には、今ではあまり見かけなくなった珍しい植物を探すことができます。
右の写真のオトギリソウにはタンニンが多く含まれており、全草を乾燥させたものを小連翹(しょうれんぎょう)と称して生薬として用いられています。
オトギリソウは、別名 チドメグサ や タカノキズグスリ などと呼ばれています。

カワラナデシコ

カワラナデシコは、一般に知られているナデシコとは異なる野生の一種で、今では珍しい野草の一つです。
初夏に咲く、可憐な野花に心も癒されます。
カワラナデシコの近くには、ゼンマイやワラビ、野イチゴの株など自然のお宝がたくさん発見できました。

つみくさ料理

身近な野草にも美味しいものが、沢山あります。
「イノコヅチ」や「シロツメクサ」「タンポポ」など身近な草も、アク抜きなどのひと手間かけることによって、美味しい料理に変身します。
院内つみくさ料理の会の皆さんの料理や矢野先生のお話と草摘み体験に参加した方々は、とても満足の様子でした。
これからも、つみ草やつみくさ料理の会の活動に関するいろいろなイベントや情報発信をしますので、是非ご参加ください。