ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 建築住宅課 > コンクリートブロック塀の点検について

コンクリートブロック塀の点検について

印刷用ページを表示する 2018年6月22日更新

 平成30年6月18日に発生した大阪北部地震では、コンクリートブロック塀の倒壊により、登校中の児童や見守り指導の高齢者が犠牲となった痛ましい事故が発生しました。過去の地震においても、ブロック塀の倒壊により多くの死傷者が発生しています。
 ブロック塀の中には、建築基準法で定められた構造基準を満たさないものや、造られてから年数が経ち劣化したことで、危険となっているものがあります。

 所有者や管理者の方は、あらためてブロック塀の点検を行い、安全確認をしましょう。

 点検で異常が認められた場合は、早急に改修や除却などの、安全対策の措置をお願いいたします。

ブロック塀の点検のチェックポイント

 国土交通省より、一般の方でも点検ができる、チェックリストが公表されました。
 点検の際は、下記の内容に沿って点検をお願いします。

 なお、塀に鉄筋が入っているかや、基礎の根入れ深さについては、専門的な内容になりますので、建築士などの専門家に相談してください。

ブロック塀の点検のチェックポイント

ブロック塀の点検のチェックポイント [その他のファイル/70KB]

関連リンク

国土交通省ホームページ

大分県ホームページ

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。