ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 建築住宅課 > 宇佐市『市営住宅』入居申し込みのご案内(一般公営住宅)

宇佐市『市営住宅』入居申し込みのご案内(一般公営住宅)

印刷用ページを表示する 2013年4月1日更新

小峰団地

 市営住宅に入居していただくためには、いくつか入居資格がありますのでお知らせします。

 ここでは、一般公営住宅(所得が基準以下の方を対象とした賃貸住宅です。ほとんどの市営住宅がこれにあたります。)について、説明しています。
 このほか、特定公共賃貸住宅(中堅所得者(一般公営住宅の所得基準を超える方)を対象とした賃貸住宅)もあります。



写真は小峰団地

入居資格

 一般公営住宅

一般公営住宅・・・所得が基準以下の方を対象とした賃貸住宅です。ほとんどの市営住宅がこれにあたります。 

  • 現に同居し、または同居しようとする親族があること
  • 単身者は60歳以上の者または昭和31年4月1日以前に生まれた者
  • 結婚予定で入居する場合は、入居決定後3ヶ月以内に入籍すること
  • 現に住宅に困窮していることが明らかな者であること(持ち家がないこと)
  • 市税の滞納がないこと
  • 入居者全員が暴力団関係者ではないこと
  • 世帯員の所得を合算して控除後の【月額所得】が15万8千円以下であること
    ※ ただし裁量階層の場合は、【月額所得】の上限が21万4千円となります

 

裁量階層とは

・身体障害者手帳(1級~4級)を持つ人がいる世帯
・申込者が60歳以上の者または昭和31年4月1日以前に生まれた者で同居者がいずれも60歳以上の 者または昭和31年4月1日以前に生まれた者もしくは18歳未満の者の世帯
・中学校卒業までの子どものいる世帯

月額所得の計算方法

  • 入居者全員の所得合計金額・・・A
  • (A-38万円×一般扶養者の数)÷12・・・B
    「B」の金額が15万8千円以下であること
    ※入居者の状況により(障害者、寡夫または寡婦等)上記計算方法以外に一部控除加算額があります
    ※詳しくはお問い合わせください

入居募集住宅

  公営住宅募集一覧をご覧ください(毎月5日前後に更新します)

必要な書類

  • 入居申込書・・・入居申込者
  • 所得証明書・・・世帯全員分
    《収入状況または時期により源泉聴き取る票、確定申告書の写し、給与証明書、離職票が必要です》
  • 市税の滞納のない証明書・・・16歳以上の方全員
  • 住民票・・・入居者全員《戸籍謄本が必要な場合があります》
  • 婚約証明書・・・結婚予定者が申し込みする場合
    ※その他、入居者の状況により提出書類が異なります
    ※入居決定時には宇佐市内在住の連帯保証人2名と敷金が3ヶ月分必要となります