ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 都市計画課 > 景観とは…見ることである!(景観まちづくりセミナー開催報告)

景観とは…見ることである!(景観まちづくりセミナー開催報告)

印刷用ページを表示する 2013年4月23日更新

来場者驚嘆!町の見方が変わった!?

 平成25年2月16日(土曜日)宇佐神宮参集殿にて、東京大学より堀 繁(ほり しげる)氏をお招きし、「景観まちづくりセミナー」を開催しました。

 とにかく、我々にない切り口で物事を見る堀先生に、“目から鱗が落ちる”一同でした!

 午前の部(講演)においては、実技やスライドを利用した、来場者参加型で、笑いの絶えない大変分かりやすい講演を披露していただきました。
 午後の部(まち歩き・意見交換会)において、まち歩きでは、参加者からたくさんの質疑が飛び交い、みなさんの「景観」「まちづくり」に対する大きな関心を感じさせられました。意見交換会では、「宇佐町はこうあるべきではないか」という、堀先生流の“宇佐町改善計画”が披露され、みなさん「はぁ~、なるほど!」と感心の面持ちでした。

 午前、午後ともに大変多くの参加者にお越しいただき、大盛況のうちに幕を閉じました。参加者のみなさん、そして堀先生、本当にありがとうございました!

パネル展

パネル展

   大盛況のパネル展!地元の方も知らない昔の宇佐町に
   
みなさん関心を寄せていました!

昔話に花を咲かせています!

多数の参加者が!

講演開始!

こんなにもたくさんの参加者が集まり・・・

さすがの堀先生も驚きを隠せません!

伝家の宝刀「グーからパーの原則」!

見込角

伝家の宝刀「グーからパーの原則」!
(※詳細は下記リンク参照)

見やすい大きさ・・・なるほど、これが「見込角」か!

まち歩き 

まち歩き 

 天候にも恵まれ、まち歩きスタート!

   どうすれば人がこの道を歩きたくなるのか等を分かりやすく
   レクチャーしていただきました!

呉橋の景観

呉橋の景観

この植物はきれいに剪定されていますが・・・

ここで見たいもの(呉橋)を遮るものとなっていますね。
要改善!

仲見世

イーゼル看板

   「三種の神器」(ベンチ・植栽・イーゼル看板)を利用すれば、
   より良くなります!

「三種の神器」の一つ、“イーゼル看板”!
温かみを感じますね・・・

横町通り 

質問攻め

   道をきちんと整備すれば、電柱はさほど気にならないかも
   しれませんね!

   最後まで参加者の質疑に、一つずつ丁寧に答えていただき
   ました!

 参加者の声(アンケート集計結果)

当日参加者数 133人
アンケート回答者数  68人

 Q.本セミナーで、一番印象に残っていることは何ですか?

  • 景観とは見ること。ただ建物を建てるだけではなく、何を視点に見てもらうかが大切。観光場所では、ベンチ一つあるだけで、客足が全く違ってくることに驚きだった。
  • 景観はモノ主体だと思っていたが、いかに人をもてなすかが大事か分かった。
  • お客様を大切にするまちづくり(おもてなしの心)という点が、宇佐は一番欠けていると思う。ホスピタリティ表現をしっかり勉強してほしい。
  • 心は形にしなければ伝わらないこと。
  • 景観まちづくりは、まず地元が奮起しなければ始まらないと思った。

  …等々、たくさんの感想や意見が寄せられました!
  アンケートにご協力していただいたみなさま、ありがとうございました。今後、まちづくりを行う上での参考とさせていただきます!

リンク

   あなたの知らない「景観」の世界

   新・宇佐町の誕生に向けて…