ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 観光まちづくり課 > ふるさと納税 ~寄付金控除について~

ふるさと納税 ~寄付金控除について~

印刷用ページを表示する 2018年3月26日更新
ふるさと納税とはお申込について寄付金の使い道についてお礼の品について寄付金控除について過去の実績

  税制上の優遇措置を受けるためのお手続き(寄付金控除について)

税金の控除を受けるためには、寄附した年の翌年3月15日までに、「確定申告」もしくは、「住民税申告」をしてください。
※確定申告に必要な領収書は、寄付後30日以内に発行、送付いたします。

ワンストップ特例制度

確定申告等を行わずに、ふるさと納税による税の控除を受けることができる「ワンストップ特例制度」があります。
寄付した年の翌年1月10日までに、下記の方法でお申し込みください。

【対象者】 ※1と2両方に該当する方

1.年内に寄附をする自治体が5団体以下の方
2.ふるさと納税の寄附金控除以外の目的で、申告の必要がない方
※上記に1つでも該当しない項目がある方は、「確定申告」もしくは「住民税申告」を行う必要があります。

 【手続き方法】

宇佐市への寄附後、以下の「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出してください。
※複数回寄附をした場合、その都度、申請が必要です。
※申請後、住所変更などが生じた場合「変更届出書」の提出が必要です。

寄附金税額控除に係る申告特例申請書データ

申請書【様式】

[PDFファイル/133KB]

記入例

[PDFファイル/1.29MB]

寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書データ

変更届出書【様式】

[PDFファイル/92KB]

 【提出書類】 ※下記のすべての書類が必要です

申請書には、「個人番号(マイナンバー)」を記載する箇所があります。
確認のため、寄附者の「個人番号が確認できる証書等の写し」および「本人確認が確認できる証書等の写し」を、別紙の「台紙」に貼り合わせた上で、ご提出ください。

必要書類説明

【申請書】

寄附金税額控除に係る申告特例申請書
【個人番号確認ができる証書等の写し】個人番号カード(裏面)、通知カード、個人番号が記載された住民票のいずれかの写し
【本人確認ができる証書等の写し】

個人番号カードの表面、運転免許証、運転経歴証明書、旅券(パスポート)、身体障害者手帳、
精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書のいずれかの写し
※写真が表示され、氏名、生年月日または住所が確認できるように印刷してください

 【提出先】

〒879-0492 
大分県宇佐市大字上田1030番地の1  
宇佐市役所観光まちづくり課
ふるさと納税担当
電話番号:0978-27-8170(直通)

【提出期限】

※寄附した年の翌年の1月10日必着です

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)