ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 観光まちづくり課 > 株式会社リバー・ヴィレッジ村川友美代表を迎え「地域コミュニティ研修会」が開催されました

株式会社リバー・ヴィレッジ村川友美代表を迎え「地域コミュニティ研修会」が開催されました

印刷用ページを表示する 2014年3月31日更新

「小水力発電を地域づくりに活かそう!」をテーマにワークショップ

 市では、平成24年度に締結された「宇佐市地域コミュニティ組織連絡協議会と大分大学経済学部との連携・協力に関する協定書」が円滑に進むよう、「コミュニティビジネス創出による地域社会雇用の増大や持続可能な地域社会の構築に繋げていく」研修会を深見地区まちづくり協議会に委託して定期的に開催しています。 
 第3回目は、小水力発電導入のコンサルティングを手掛ける株式会社リバー・ヴィレッジ(福岡市)代表の村川友美氏、九州大学大学院の山下輝和学術研究員、五ヶ瀬町自然エネルギー研究所の石井勇所長を招き、「小水力発電を地域づくりに活かそう!」をテーマに研修会を開催。
 講演では、九州大学島谷研究室と進めている宮崎県五ヶ瀬町や福岡県糸島市の事例等、小水力発電による地域づくりの手法が紹介されました。また、各地域に分かれたグループワークでは、特に小水力発電による精米所が現存するなど地域内にある豊富な水資源を活用している津房地区まちづくり協議会から具体的な話があがり、今後の展望が期待できる研修内容となりました。

日 時 

平成26年3月4日(火曜日)13時30分~15時30分

場 所

宇佐市地域交流ステーション

参加者

地域コミュニティ協議会会員、行政関係者、約35名

主    催 

深見地区まちづくり協議会 

後    援 

宇佐市地域コミュニティ組織連絡協議会・大分大学経済学部「田舎で輝き隊!」・宇佐市
研修会1研修会2研修会3