ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 観光まちづくり課 > 地域づくり活性化フォーラム「地域を元気にする魔法 フットパスのススメ」

地域づくり活性化フォーラム「地域を元気にする魔法 フットパスのススメ」

印刷用ページを表示する 2014年3月31日更新

先進地熊本県美里町より講師を迎え、講演会・体験会が開催されました。

 地域交流ステーションを拠点に域学連携を進めている大分大学経済学部の主催(共催:深見地区まちづくり協議会)で、地域づくり活性化フォーラム「地域を元気にする魔法 フットパスのススメ」が2月23日(日曜日)に開催され、約80名の参加がありました。
 当日は、フットパスの先進地である熊本県美里町より、濱田孝正氏(フットパスの伝道師・日本フットパス協会理事)と井澤るり子氏(フットパスの魔法使い・美里フットパス協会運営委員長)の講演が行われたほか、地元ガイドの案内によるフットパス体験会が行われ、五重の塔や仙の岩など約6キロのコースを巡りました。
 今後は、大学と地域とが連携しながら、地域資源の魅力を再発見する「フットパス」の導入による、地域活性化に取り組んでいきます。
 ※フットパスとは、森林や田園地帯、古い町並みなど、地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながらあるくこと(Foot)ができる小経(こみち:Path)のことです。
講演会2講演会1体験会1体験会3体験会4体験会2