ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 観光まちづくり課 > 明治大学小田切教授を迎え「地域コミュニティ研修会」が開催されました

明治大学小田切教授を迎え「地域コミュニティ研修会」が開催されました

印刷用ページを表示する 2013年10月12日更新

まちづくり協議会活性化戦略 ‐組織運営とコミュニティビジネスを中心に‐

 宇佐市では、平成24年度に締結された「宇佐市地域コミュニティ組織連絡協議会と大分大学経済学部との連携・協力に関する協定書」が円滑に進むよう、「コミュニティビジネス創出による地域社会雇用の増大や持続可能な地域社会の構築に繋げていく」研修会を深見地区まちづくり協議会に委託して定期的に開催しています。
 第1回目は、農山村の地域づくりの第1人者である明治大学農学部の小田切徳美教授を迎えて、「まちづくり協議会活性化戦略-組織運営とコミュニティ・ビジネスを中心に-」を演題に開催。コミュニティ・ビジネスの戦略、暮らしの仕組みづくりなど全国の先進事例の紹介を交えた講演のほか、約1時間の質疑応答時間が設けられ、活発な意見交換が行われました。
日  時 平成25年10月11日(金曜日)19時~21時
会  場 宇佐市地域交流ステーション(旧深見中学校)
参加者 地域コミュニティ協議会会員、大分大学経済学部、行政関係者等、約70名
主    催   深見地区まちづくり協議会 
後    援   宇佐市地域コミュニティ組織連絡協議会・大分大学経済学部「田舎で輝き隊!」・宇佐市
研修風景1研修風景2