ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 観光まちづくり課 > 平成23年度 宇佐市協働のまちづくり講演会が開催されました

平成23年度 宇佐市協働のまちづくり講演会が開催されました

印刷用ページを表示する 2012年6月1日更新

平成23年度 宇佐市協働のまちづくり講演会 ~めざそう!!みんなで進めるまちづくり~

講演会

日時

平成24年2月24日(金曜日)10時30分~12時00分

場所

宇佐文化会館 小ホール

演題

『市民と協働のまちづくりを実践するためのあれこれ』

講師

社会福祉法人 大阪ボランティア協会 
事務局長 水谷綾 氏

 「協働のまちづくり講演会」を今回、宇佐市で初めて開催しました。
 宇佐市では、これまでも自治会や婦人会、老人会などの地縁的な団体が、素晴らしい取り組みを実施して頂いたことで、まちづくりが進んできている、そんな素晴らしい土地柄であります。
 しかし、少子高齢化や過疎化が進み、今まで私たちが体験してきた社会とは違う仕組みづくりが必要になっています。
 また、自治体間競争の時代とも言われています。色々なアイデアを出し合いながら地域づくりを進めていかなければ、この厳しい時代の中で「宇佐市はすごいな!」と評価されるようなまちづくりは出来ません。これまでの取り組みや成果を活かしながら、新しい時代への危機感を持ち、また、夢を持ちながらまちづくりを進めていく、そういう認識が必要になってきます。
 そうした中で、NPOやボランティアなどの新しい形のまちづくりの主体や、地縁的な団体を中心とした小学校区単位での新たな地域コミュニティ組織を作り上げていくことが求められています。
 現在、安心院・院内のすべての地域で地域コミュニティ組織が設立されています。
 こうした様々な地域づくりの活動について、色々な形のものが折り重なり、重層化・複層化していけるような取り組みを進めていく必要があります。また、市民や各種団体と行政が互いに対等の関係で地域づくりが実践できる関係、講演のテーマでもある"協働"という関係を構築していくことが大きな課題になってきます。
 本市では、平成20年7月に「宇佐市協働のまちづくり指針」、平成21年8月に「宇佐市地域コミュニティビジョン」を策定しました。この2つの指針に基づく"協働の主体づくり""地域のコミュニティづくり"に関する施策を推進するために、平成23年3月に「宇佐市協働のまちづくり行動計画」を策定しました。
 この行動計画により、宇佐市では協働のまちづくりを実現するため、一つひとつ具体的な施策に取り組んでいます。
 今回の「宇佐市協働のまちづくり講演会」は、この取り組みの一つとして、今年度より実施をするものです。

講師(水谷先生)
(講師:水谷先生)

 講師に、水谷 綾氏(大阪ボランティア協会事務局長)をお招きし、"協働のまちづくり"の必要性や大切さ、取り組み方などについてご講演をいただきました。
 参加者一同、より理解を深めることができ、また、新たな地域の課題、そして、その課題解決に向けて取り組まなければならない意識改革、例えば、「形式偏重主義に陥っていないか」「関係者全員の参加意識を高めることがいかに大切か」など、たくさんの示唆をいただきました。
 宇佐市での"協働のまちづくり"の取り組みは始まったばかりですが、『「定住満足度日本一」「交流満足度日本一」のまちづくり』が実践できるよう、市民の皆さんや各種団体の方々と力を合わせて頑張って行かなければなりません。
 講演会にご参加いただいた皆さん、誠にありがとうございました。