ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 商工振興課 > 少年少女発明クラブ宇佐少年少女発明クラブ開催

少年少女発明クラブ宇佐少年少女発明クラブ開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月7日更新

「宇佐少年少女発明クラブ」を開設しました。

 少年少女発明クラブは、次代を担う児童に科学技術に関する興味、関心を追求する場を提供し、科学的で独創的な発想に基づく創作活動を通して発明くふうの楽しさを創作する喜びを体得させることにより創造性豊かな人間形成を図ることを目的としています。

クラブ員全員写真
集合写真

 

平成24年度活動内容

日程内容
8月4日(土曜日)開講式 科学のおもちゃを作ろう
9月1日(土曜日)橋のモデルを作ってみよう (院内の石橋)など
10月6日(土曜日)ペットボトルでいろんな種類の噴水を作って遊ぼう
11月3日(土曜日)水蒸気でぽんぽん船を走らせよう 風船でホーバークラフトを走らせよう
12月1日(土曜日)微生物(びせいぶつ)の世界と発酵(はっこう)
1月19日(土曜日)インフルエンザキットを使って科学のしくみを学ぼう
2月2日(土曜日)磁石の不思議を学び体験してみよう
3月2日(土曜日)みんなで1年間の総まとめをしよう 閉講式

活動場所

四日市コミュニティセンター工芸室

対象者

小学4年生~6年生  *今年度の募集は終了しました。

指導者

 会長:芹川治邦先生 副会長:渡辺利幸先生を中心に、個人、団体、企業の方々に講師をお願いしています。

また、指導員としても多くの方々のご協力をいただき、子どもたちと一緒に楽しく活動しています。

8月の活動の様子

 この後、4班に分かれて活動を行いました。本日の講師の渡辺先生が、竹串とストロー、マジックボールをつかったロケットづくりと細長い筒をつかったおもちゃを製作しました。

会長のあいさつクラブ員の決意活動の様子
9時30分から開講式を行いました。発明クラブ会長の芹川先生がごあいさつしました。このあと、来賓の是永宇佐市長よりお祝いの言葉をいただきました。開講式で総勢20人(1人欠席)のクラブ員がそれぞれの決意を披露しました。これから3月まで、ものづくりを楽しくしっかり学んでください。

初めての活動の様子です。この日は「科学のおもちゃを作ろう」をテーマに、渡辺先生が用意した様々なおもちゃを紹介していただきました。その後、「ストローロケット」と写真の「はずかしがりやさん」を作成しました。

 9月の活動の様子

講師の吉本先生の説明石を割っています。講師の岩尾先生の説明
講師の吉本先生が「石」についてお話をしています。昔の人はどうやって石を割ったのかな?こんな大きな石が見事に割れてしまいました。しかもまっすぐに割ることができました。岩尾先生が「石橋」の作り方を説明しています。みんな目をまるくしてみていました。
積み木を作っています。石橋の完成バームクーヘンで石橋を作りました。
積み木でタワーや家などをつくりました。みんないろんな発想があってびっくりしました。吉本先生が、本物の石をつかって石橋を作ってくれました。構造が良くわかったと思います。最後は渡辺先生の指導によりドーナッツとバームクーヘンで石橋をつくり美味しくいただきました。

 10月の活動の様子

 10月6日(土曜日)3回目の活動です。今日のテーマは芹川先生の指導で「ヘロンの噴水」です。同じ大きさのペットボトルを使って噴水を作り、噴水となる構造を学びました。ちょっと難しかったのか、みんな苦労をしていました。

123
芹川先生が事前に「ヘロンの噴水」を見せてくれました。空気の力を使って水が吹き上がりました。まずペットボトルに小さな穴をあけ、ホースがとおる金具をさし、ホットボンドでふさぎました。ペットボトルにあなをあけるところやホットボンドでふさぐところがむつかしそうでした。

11月の活動の様子

 11月3日(土曜日)4回目の活動です。今日のテーマは横山小学校の杉木先生の指導で、「水蒸気の力でポンポン船を走らせよう!」と渡辺先生の指導で「ホーバークラフトをつくろう」です。

123
杉木先生による水が水蒸気に変化するときの説明です。わずかな水が水蒸気になると大変大きな体積になります。先生のまわりに集まってみんな真剣な表情で説明を聞いています。ポンポン船です。板の船にアルミのパイプを通し、ローソクを立てるためのアルミ箔を貼っています。
456
ポンポン船が完成しました。アルミのパイプに水を入れ、ローソクで熱すると水蒸気になって、船が動きます。2時間目は渡辺先生の指導で、ホーバークラフトを作りました。CDの板の上に空気ケースをホットボンドを使って接着しています。みごと、空気の力を利用してホーバークラフトが走りました。大成功です。

12月の活動の様子

 12月1日(土曜日)5回目の活動です。今日のテーマは地元企業の三和酒類(株)の指導で、「微生物の世界と発酵」です。身の回りにある微生物を学び、パンの種などをつくりました。大型の顕微鏡や実験器具など普段見たことのない器具も多数あり子どもたちは目を丸くしていました。

12月
123

講師は三和酒類(株)の方々です。発酵について学んでいます。発酵すると何がよくなるのかな?

(味がよくなる。身体によくなる。保存性がよくなる)

酵母を見ています。どんなふうに、見えたのかな?

酵母の力で今からパンの種を作ります。小麦粉と砂糖と酵母と水をしっかりかき混ぜました。40度のお湯に30分間つけます。

456
あれ!こんなにふくれたよ!すげーふくれた様子を書きました。みんなそれぞれよく観察ができていました。次の実験は酵素を取り出しました。そのあと、デンプン液とゼリーに酵素液を落とし、・・・さてどうなったかな?

1月の活動の様子

1月19日(土曜日)6回目の活動です。今日のテーマは地元企業のアドテック(株)の指導で、「インフルエンザウィルス検査キットを作ってみよう」です。まずウィルスの種類やインフルエンザの予防症状を学び、実際にウィルスを判定する検査キッド作製し実験してみました。

1月
講師説明説明2
アドデック(株)より4名の講師の先生がきて、どんな事をしている会社か説明してくれました。では早速、検査用キッドを作製します。反応ステックを組み立てていきます。3本のテスト液があり、そのうちA液・B液を5滴をステックの液下します。10分間待ちます・・・
実験2実験3説明2

さあ実際にやってみよう!ゆっくり検査液を滴らして反応ラインがでるのを待ちます。すると段々に赤いラインが出てきました。

もうひとつの実験は自分の鼻水をとって綿棒につけてアレルギー反応を調べてみよう!

なぜそうなるのか?今までの実験結果を詳しく説明してくれました。他に質問があるひとはいますか?

2月の活動の様子

2月3日(土曜日)7回目の活動です。今日のテーマは「磁石の不思議を学ぼう」で講師は塚崎先生です。電磁石を作って実験しました。そしてもうひとつは「顕微鏡を作ってみよう」で講師は芹川先生です。身近なものを使ってできるのかな・・・

2月

1  

23

 塚崎先生から磁石の仕組みを説明してくれました。今日は2つの実験をします。

まず鉄芯にエナメル線を巻きつけたものを用意し電磁石をつくろう作った電磁石をプレートの下に置きその上から砂鉄を落として磁力線を調べよう
456
次の講師は芹川先生です。まずはラップの巻き芯にルーペをはめ込みます。接眼部と対物部にレンズをつけピントを合わせ調整しますそれぞれの鏡筒をホットボンドでつなぎそれを土台に貼り完成です

3月の活動の様子

3月2日(土)は最後の活動日です。芹川会長の指導のもとペットボトルで簡単に出来るおもちゃ作りに挑戦しました。その後の閉講式には

1年間を振り返っての感想発表をしたり、会長より修了証書・記念品を贈呈され、みんなでそろって記念撮影しました。

3月

1

23

身近にあるペットボトルや割り箸、針金、輪ゴムを使って簡単にできる「ペットボトル戦車」作りです

完成しました。実際に動くか試してみよう!くるくるとスピードを上げて回っています。自由研究をただひとり作ってきた辛島果林さんです。作品は回すと不思議な「ベンハムのこま」です。

4

56

閉講式の模様です。芹川会長より修了証書と渡辺先生から記念品が渡されました。

班に分かれて1年間の感想発表です。みんなどんな事が楽しかったなど思い出を語ってくれましたお世話になった指導員の方々と記念撮影です。1年間の活動を無事修了する事ができました。

発明キッズのバナー発明キッズ(公益社団法人発明協会)へのリンクです。