ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 商工振興課 > 【架空請求注意】今度は「国民訴訟通達センター」という名称です!(宇佐市消費生活センター)

【架空請求注意】今度は「国民訴訟通達センター」という名称です!(宇佐市消費生活センター)

印刷用ページを表示する 2017年10月12日更新

 「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」からハガキが届いても、決して相手に連絡しないでください。「民事訴訟管理センター」の場合と同様、架空請求です。決して支払わずに無視してください。

 不安に感じたり、どうしていいかわからず困った場合は、下記に相談してください。
  宇佐市消費生活センター 電話0978-25-5581(または、宇佐市役所商工振興課0978-27-8166)
  宇佐市役所危機管理課交通防犯係 電話0978-27-8112(または、宇佐市役所0978-32-1111)

名称を変えてハガキが送られています

 これまでは、「民事訴訟管理センター」の名称でハガキが届いていましたが、今回、市内でご相談のあった内容は、名称が「国民訴訟通達センター」に変わっていました。いずれも架空請求です。

市内でもハガキが届いたと相談が寄せられています

 これまでは「民事訴訟管理センター」の名称でハガキが届き、全国的に被害が発生しています。今回ご相談のあった内容は、名称は「国民訴訟通達センター」でしたが、ハガキの内容は以前とほぼ同じでした。

 下記に、「民事訴訟管理センター」での被害事例と、実際に送られてきた内容を記載しています。

 これに限らず、似たような文面、様々な住所や連絡先を記入して送られていますので、十分にご注意ください。

「民事訴訟管理センター」のハガキでの被害事例

 過去に利用した業者への「未払いがある」と思わせて、「裁判所に訴状が提出された」「給料差し押さえ、動産、不動産の差し押さえを強制的に行う」などと脅して不安にさせ、訴訟の取り下げについて相談するよう、誘導しています。

 被害にあった方は、「民事訴訟管理センター 取り下げ等のお問合せ窓口」に連絡をしたところ、弁護士を名乗るものを紹介され、最終的には、コンビニでプリペイドカードを購入し、お金を支払ってしまったということです。

 市内でも、同じようにハガキが送られてきたという相談が消費生活センターや警察署に寄せられています。

法務省管轄支局 民事訴訟管理センター 架空請求ハガキの内容

 『総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ』

 この度、ご通知致しましたのは、貴方の利用されていた契約会社、ないしは運営会社側から契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました事をご通知いたします。管理番号(く)435 裁判取り下げ最終期日を経て訴訟を開始させていただきます。尚、ご連絡なき場合、原告側の主張が全面的に受理され、執行官立ち合いの元、給料差し押さえ及び、動産、不動産物の差し押さえを強制的に履行させていただきますので裁判所執行官による執行証書の交付を承諾していただくようお願い致します。
 裁判取り下げなどのご相談に関しましては当局にて受け賜わっておりますので、職員までお問い合わせ下さい。
 尚、書面での通達となりますのでプライバシー保護の為、ご本人様からご連絡いただきますようお願い申し上げます。
 ※取り下げ最終期日 平成29年6月●日

法務省管轄支局 民事訴訟管理センター
東京都千代田区霞が関3丁目●番●号
取り下げ等のお問合せ窓口 03-●●●●-●●●●
受付時間 9:00~20:00(日、祝日除く)

不安に思ったら、宇佐市消費生活センターに相談してください

 宇佐市消費生活センター 電話0978-25-5581

 宇佐市消費生活センター公式ホームページへのリンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。