ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 商工振興課 > 【補助金】(2次募集)宇佐市内で新規に創業・起業する方をサポートします!

【補助金】(2次募集)宇佐市内で新規に創業・起業する方をサポートします!

印刷用ページを表示する 2017年9月27日更新

 宇佐市では、創業・起業の機運を高め、新たな雇用の創出や地域経済の活性化を目的とし、市内で新たに創業・起業を行う方を対象に、予算の範囲内で施設改装費や機械設備導入費の一部を補助します。
 今回2次募集を行います。創業・起業をお考えの方は、是非この機会にご相談ください。

※宇佐市創業支援講座を受講された方で、市から特定創業支援事業を受けた者として証明書を受けた方が対象となります。

(2次募集)宇佐市創業・起業支援事業補助金

補助対象者

次の各号のいずれにも該当する個人、法人または任意団体が対象となります。

(1) 市内に事業所を設置し、創業・起業が確実である具体的な計画を有すること
(2) 申請時に起業の日から1年を経過していないこと
(3) 宇佐市創業支援講座などを受講し、市から特定創業支援事業を受けた者として証明書の発行を受けた方
(4) 宇佐商工会議所、宇佐両院商工会または四日市商店街振興組合のいずれかに加盟していること
(5) 個人にあっては事業主、法人または任意団体にあっては、法人または任意団体およびその代表者の納期到来分の市税の未納がない方
(6) 宇佐市暴力団排除条例(平成23年宇佐市条例第13号)第2条第1号に規定する暴力団、同条第2号に規定する暴力団員または暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有する者でないこと

補助対象経費

補助金の交付の対象となる経費は、次に掲げる経費であって創業・起業に関わることが明白であるものを対象とします。

(1) 施設改装費
(2) 機械設備導入費
(3) 広告宣伝費
(4) 研修費
(5)  研究開発費
(6) 原材料費
(7) 賃貸料
(8) その他市長が創業・起業に必要と認める経費

補助額

補助対象経費の2分の1以内(千円未満切り捨て)とします。ただし、50万円を限度とします。

申請方法

以下の交付申請書を記入の上、必要書類を添付し、商工振興課まで提出してください。

提出書類

(1) 宇佐市創業・起業支援事業補助金交付申請書(様式第1号)
(2) 宇佐市創業・起業支援事業計画(実績)書(様式第2号)
(3) 宇佐市創業・起業支援事業収支予算(決算)書(様式第3号)
(4) 補助対象経費の見積書の写し
(5) 特定創業支援事業の認定を受けたことを証する証明書の写し
(6) 個人事業所の場合は開業届出書、法人事業所の場合は法人設立届出書の写し
(7) 許認可等が必要の場合には、それを証する書類の写し
(8) 市税完納証明
(9) その他市長が必要と認める書類

提出書類
書類名WordファイルPDFファイル
補助金交付申請書[Wordファイル/15KB][PDFファイル/80KB]
事業計画書

[Wordファイル/17KB]

[PDFファイル/68KB]
収支予算書

[Wordファイル/17KB]

[PDFファイル/57KB]

申請期間

平成29年10月2日(月曜日)から平成29年10月31日(火曜日)まで

注意事項

 既に事業着手(契約済みや購入済みなど)した経費については、対象外となりますのであらかじめご了承ください。なお、申請書類提出後、書類審査があり、書類審査通過者は審査会にてプレゼンテーション審査があります。また、今回の2次募集は、平成30年1月31日までに事業を完了できる方を対象としています。
 詳しくは商工振興課までお問い合わせください。

提出場所・問い合わせ先

提出場所:宇佐市役所 商工振興課

問い合わせ先:商工振興課 商工労政係 Tel 0978-27-8168

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)