ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 商工振興課 > 奨学金返還支援事業の受付が始まりました!!

奨学金返還支援事業の受付が始まりました!!

印刷用ページを表示する 2017年1月12日更新

企業の人材不足の解消と定住を促進するため、新たに宇佐市に転入し企業で働きはじめた方の奨学金返還を補助する事業を開始しました。

  補助金の額

●申請年の前年の奨学金の返還金額の2分の1の額(千円未満の端数は切り捨て)とします。
●一人当たりの補助金の上限は、総額100万円とします。
 <各年度の上限>
  奨学金受給金額を別表2に掲げるこの奨学金受給金額に応じた基礎額で除し、小数点以下を切り捨てた値で奨学金受給
 金額を除した額の2分の1(千円未満の端数は切り捨て)を上限とします。
 <居住・就労期間による按分>
  申請年の前年において、宇佐市に居住し、かつ、継続的に雇用された期間が1年に満たない場合における返還金額は、当
 該返還金額を対象月数(1月に満たない端数は切り捨て)で按分した金額とします。

※ 補助金交付申請額の計算方法は、申請様式第2号に記載しております。

補助対象者の要件

(1) Uiターン者(平成28年3月1日以降宇佐市に居住を開始し、その日から1年以内に就職した者)
(2) 申請年の1月1日に宇佐市に住民登録があり、現に居住している方
(3) 大学、短期大学、専修学校専門課程に進学し、在学している期間に奨学金の貸与を受けた方 
(4) 申請年の前年に奨学金を返還している方
(5) 申請年の前年の給与収入が300万円未満である方
(6) 公的医療保険の被用者保険に加入している方(ただし、被扶養者は除く。)
(7) 国及び地方公共団体の常勤一般職の職員でない方(ただし、臨時的に任用される者を除く。)
(8) 奨学金返還に関する他の補助金を受給していない方
(9) 市税等を滞納していない方 
(10)暴力団員または暴力団・暴力団員と密接な関係を有する者でないこと
(11)宇佐市の住民として10年以上定住する意思をもって居住する方

提出書類

(1) 宇佐市Uiターン者奨学金返還支援事業補助金交付申請書(様式第1号)
(2) 宇佐市Uiターン者奨学金返還支援事業報告書(様式第2号)
(3) 就労証明書(様式第3号)
(4) 誓約書(様式第4号)
(5) 住民基本台帳等状況調査同意書(様式第5号)
(6) 奨学金返還証明書(初回の申請に限る。)
(7) 独立行政法人日本学生機構の発行する奨学金返還の振替案内の写し
(8) 奨学金の返還金額がわかる通帳の写し
(9) 公的医療保険の被用者保険の写し
(10)前年の給与収入がわかる書類
(11)Uiターン者であることがわかる書類(初回の申請に限る。)
(12)その他市長が必要と認める書類

申請期間

 平成29年1月4日(水曜日)~2月15日(水曜日)

 補助金の交付請求

  補助金の交付の決定を受けた方は、宇佐市Uiターン者奨学金返還支援事業補助金交付請求書(様式第7号)に交付決定通知書の写しを添えて提出してください。

  申請・請求に関する様式

様式 ダウンロード
内容ワード形式
提出書類チェックシート[Wordファイル/14KB]
申請様式(様式第1号~第5号)[Wordファイル/63KB]
別表2[Wordファイル/51KB]
交付請求様式(申請・認定後)[Wordファイル/46KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。