ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 商工振興課 > 宇佐産業科学高校でミニマイコンカーの勉強をしました!(少年少女発明クラブ)

宇佐産業科学高校でミニマイコンカーの勉強をしました!(少年少女発明クラブ)

印刷用ページを表示する 2016年1月18日更新

1月の活動の様子

 平成28年1月9日土曜日の9時30分から12時に、大分県立宇佐産業科学高校にて19名の参加児童のもと開催されました。
 今月は特別企画で、宇佐産業科学高校の先生方と生徒の皆さんに「ミニマイコンカー」と「ロボット相撲」、「立形マシニングセンタ」について、ご指導いただきました。
 前半は、「ロボット相撲の実演」の見学と「ミニマイコンカーを動かす」体験を行いました。ロボット相撲は、ロボット同士が勢いよくぶつかり合って相撲を行うため、児童たちは相撲の大迫力に驚いていました。ミニマイコンカーでは動く仕組みを学んだ後、パソコンでデータ入力し実際に動かしました。ミニマイコンカーにはセンサーが付いているため、床に貼られたビニールテープの上を外れることなく動いていました。
 後半は、自動車産業など多くのものづくりの現場で使用されている、切削加工機械の「立形マシニングセンタ」の実演を見学しました。
 今回児童たちは先生方はもとより、生徒の皆さんにも詳しく教えていただき、大変勉強になりました。宇佐産業科学高校の先生方、生徒の皆さん本当にありがとうございました!

高校案内宇佐産業科学高校の先生生徒の皆さん

宇佐産業科学高校のご紹介

講師 宇佐産業科学高校の先生

宇佐産業科学高校の生徒の皆さん
宇佐産業科学高校の先生ロボット相撲ミニマイコンカーのデータ入力

ミニマイコンカーデータ入力

ミニマイコンカー体験

ミニマイコンカーの体験

データ入力作業機械操作プレートプレゼント

平成27年度1月の活動内容

「ミニマイコンカーを動かそう」

「ロボット相撲の実演をしよう」

「立形マシニングセンタの実演」

講師

宇佐産業科学高校 外園 裕之 先生、八幡 敏明 先生、藤野 善俊 先生

活動場所

宇佐産業科学高校 工業棟