ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 総務課 > 宇佐市業務継続計画(BCP)を策定しました

宇佐市業務継続計画(BCP)を策定しました

印刷用ページを表示する 2016年12月15日更新

 市では、大規模災害などの発生に備えて宇佐市業務継続計画(BCP)を、平成28年11月に策定しました。

業務継続計画(BCP)とは

 大規模災害などにより、ライフラインなどに被害が生じ、行政自らも被災し、人、物、情報等利用できる資源に制約がある状況下において、非常時優先業務を特定するとともに、業務の執行体制や対応手順、継続に必要な資源の確保などを図ることを目的として定める計画です。

非常時優先業務とは

 大規模災害時にあっても優先して実施すべき業務のこと。具体的には、災害応急対策業務や早期実施の優先度が高い復旧・復興業務など(これらを「応急業務」と総称)のほか、業務継続の優先度の高い通常業務が対象となります。

宇佐市業務継続計画(BCP)概要 [PDFファイル/252KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)