ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 農政課 > 「両合棚田フォトコンテスト」作品募集!

「両合棚田フォトコンテスト」作品募集!

印刷用ページを表示する 2018年6月11日更新

 ポスター
日本の棚田百選にも選定された「両合棚田」のフォトコンテストを実施します。
カメラ部門・スマホ部門いずれかでご参加ください!

ポスター [PDFファイル/804KB

 趣旨

 先人の知恵と苦労の結晶である棚田。宇佐市院内町の余谷(あまりだに)地区には、日本の棚田百選にも選定された両合棚田(りょうあいたなだ)があります。かつては多くの写真愛好家が訪れた両合棚田ですが、鹿や猪の獣害被害により耕作地が減少、荒廃が徐々に進みつつあります。
 このまま荒廃が進んでしまうと再生できない状態になってしまう、その危機感から地元が立ち上がりました。地元を中心に地域活動団体・行政が一体となって「両合棚田再生協議会」を発足、両合棚田の再生と余谷地域の活性化を図る「両合棚田地域再生プロジェクト」をスタートさせました。
 今回、宇佐市院内町余谷地区にある「両合棚田」の景観や地域の営みのすばらしさを多くの方に再発見してもらうため、両合棚田の写真を募集します。

募集テーマ

 両合棚田の四季

応募資格

 日本国内在住のアマチュアに限る。

募集作品

 両合棚田の景観・営み
 (平成29年11月以降に撮影されたものに限る。)

応募部門 

 次のいずれかの部門でご応募ください。(いずれも応募点数に制限はありませんが、入賞は1点のみとさせていただきます。)
 カラー・モノクロいずれも可(組写真、合成・加工処理したものは不可。)。ただし、過去にコンテスト等で入賞または入選していない作品で未発表のものに限る。
【カメラ部門】
 カメラで撮影した写真
 四つ切(ワイド四つ可)もしくはA4判

【スマホ部門】
 スマホ、タブレット等のカメラ機能で撮影した写真
 カラー・モノクロいずれも可。 

募集期間

 【カメラ部門】
平成30年9月3日(月曜日)~10月31日(水曜日)(当日消印有効)
 【スマホ部門】
平成30年5月25日(金曜日)~10月31日(水曜日)

応募方法

 【カメラ部門】
氏名、住所、年齢、電話番号、撮影場所・日時、タイトル、コメントを任意の用紙に記入の上、作品の裏面に貼付して郵送してください。
 《応募先》 〒872-0454 大分県宇佐市院内町滝貞193番地
                 両合棚田集会所「フォトコンテスト」係 

 【スマホ部門】
(手順1) InstagramまたはFacebookで、両合棚田再生協議会公式アカウント「Small Cycle Project 余」をフォロー
(手順2) 「#両合棚田フォトコン2018」と「#両合棚田」を付けて写真を投稿
 ※審査のため、ご自身のアカウントは平成30年11月末日まで公開の状態にしてください。 

審査員長

 宮地泰彦氏 (社)日本写真家協会会員 (有)スタジオコア代表

表  彰

【カメラ部門】
 金賞 1点・・・・・賞状、2万円相当の宇佐産品、棚田米5kg、干しシイタケ
 銀賞 1点・・・・・賞状、1万円相当の宇佐産品、棚田米3kg、干しシイタケ
 銅賞 2点・・・・・賞状、5千円相当の宇佐産品、棚田米2kg、干しシイタケ
 佳作 数点・・・・・賞状、棚田米1kg、干しシイタケ
【スマホ部門】
 金賞 1点・・・・・賞状、5千円相当の宇佐産品、棚田米5kg、干しシイタケ 
 銀賞 1点・・・・・賞状、棚田米3kg、干しシイタケ
 銅賞 2点・・・・・賞状、棚田米2kg、干しシイタケ
※11月中旬ごろまでに入賞者本人に通知します。
※スマホ部門は、InstagramまたはFacebookのメッセージ機能で入賞者に通知し、氏名、電話番号、住所の確認をさせていただきます。メッセージ送信後、5日以内に返信がない場合は入選を取り消させていただきます。また、受賞者の発表にはアカウントまたはユーザー名を使用します。

応募作品の取扱、著作権および使用権

(1) 作品は返却しません。
(2) 応募作品の著作権は応募者に帰属します。
(3) 入賞作品は、予告なしに主催者、市、関係機関等が両合棚田や市の広報、観光誘客、PR等のため出版物・宣伝物やホームページ等において応募者の表示なく無償で使用させていただくことがあります。 
(4) コンテストの結果公表、展示、PR等に使用する際、撮影者の氏名や作品名を掲出させていただくことがあります。
(5) 応募作品について、他のコンテストでの入賞履歴や印刷物などで公表されていることが判明した場合は、主催者は、入賞を取り消すことができます。
(6) 入賞作品については、データ等を提供していただく場合があります。なお、作品郵送中の損傷、紛失などの責任を主催者は負いません。
(7) 作品が人物主体の場合は、必ずご本人(被写体)の承諾を得てください。肖像権侵害等の問題はすべて応募者の責任と費用負担によって解決してください。
(8) 18 歳未満は保護者の同意を得ていること。
(9) 本コンテストは、Instagram、Facebookが後援、支持または運営するものではなく、InstagramまたはFacebookとは関係がありません。

主 催

 両合棚田再生協議会(事務局:宇佐市役所農政課)

問い合わせ

 宇佐市役所 農政課 6次産業創造推進係(両合棚田フォトコンテスト担当)
 Tel:0978-27-8156

募集要項・応募用紙

Wordファイル

PDFファイル

募集要項

[PDFファイル/70KB]

応募用紙(カメラ部門のみ)

[Wordファイル/15KB]

[PDFファイル/28KB]

  

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)