ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 農政課 > 両合地域の将来ビジョンを考える「夜なべ談義」開催!

両合地域の将来ビジョンを考える「夜なべ談義」開催!

印刷用ページを表示する 2016年7月26日更新

 7月13日(水曜日)、両合棚田の田植えも終わり、一息ついたところで地元住民の人たち(両合棚田を守る会)と夜なべ談義を行いました。活動の中心である地元の人たちが、この両合地域をどのような地域にしていきたいのか、またどのような将来展望を描くのかが、この取り組みの肝となってきます。

 まず第一部、アドバイザーの大和田順子先生にファシリテーターになっていただき、ワークショップを行いました。「両合地域の良いところ」、「大切にしていきたいもの」、「復活させたいこと」などをテーマに、皆さん思い思いに付せんに意見を書き出し、それぞれ発表していきました。最初は戸惑っていた皆さんも、書き出したら出るわ出るわ!止まらなくなってしまいました。

 自分たちが暮らすこの地域の良さを再確認しあったところで、いよいよ第二部です。カンパ~イ!皆さん乾いたのどを潤しながら、そして宇佐からあげをほお張りながら、昔のこと、棚田のこと、これからの地域のことなど語り合いました。大和田先生からの「10年後の地域をどのようにしたいですか?」の問いに「棚田の景観を15年前の状況に戻したい!」と力強い意見が出されました。
また、中野伸哉アドバイザーからは「地域が潤って、担い手ができて地域が続いていくことこそが棚田の再生です。お米のブランド化や空き家を活用した移住者の呼び込みなど作戦を考えていきましょう!」とアドバイスをいただきました。

 今回も棚田再生に向けとても有意義な活動となりました。

yonabe1 yonabe2 yonabe6 yonabe3 yonabe4 yonabe5

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。