ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 農政課 > 平成28年度国東半島宇佐地域世界農業遺産「地域活力支援事業」をご活用ください

平成28年度国東半島宇佐地域世界農業遺産「地域活力支援事業」をご活用ください

印刷用ページを表示する 2016年4月21日更新

世界農業遺産の景観(クヌギの再生) 世界農業遺産に認定された国東半島宇佐地域に受け継がれている農耕に関係する祭礼などの保存や継承(以下「農耕文化継承」という。)、あるいは世界農業遺産に関連する地域の自主的な取組(以下「提案型地域活動」という。)に対して支援をします。

事業内容

 世界農業遺産に認定された国東半島宇佐地域に受け継がれている農耕に関係する祭礼などの保存や継承(以下「農耕文化継承」という。)、あるいは世界農業遺産に関連する地域の自主的な取組(以下「提案型地域活動」という。)に係る事業。
※平成27年度実施した「農耕文化継承事業」と「提案型地域活動支援事業」は、平成28年度より「地域活力支援事業」として再編されました。

1.「農耕文化継承」の事業例

・農耕に関係する祭礼などの実施に必要な備品の購入
・農耕に関係する祭礼などと密接に関わる建造物等の修繕
・農耕に関係する祭礼などを準備、実施するためのボランティア組織づくり   など

2.「提案型地域活動」の事業例

・ウォーキングコースの開発
・観光周遊コースの開発
・特産品を使った商品開発
・農業体験プログラムの開発
・生物多様性保全のための事業の開発   など

事業対象者

1.「農耕文化継承」の対象者

(ア) 祭礼保存会(農耕に関係する祭礼などの保存や継承を主たる目的としている団体)
(イ) 宗教法人(宗教法人法(昭和26年法律第126号)にもとづく団体)
(ウ) その他国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会長(以下「会長」という。)が特に認める団体

2.「提案型地域活動」の対象者

(ア)地域づくりを主たる目的とする団体
(イ)観光振興を主たる目的とする団体
(ウ)企業(個人経営は除く)
(エ)その他会長が特に認める団体

※ただし、個人及び次のいずれかに該当する団体は対象としない。

・地方公共団体
・宗教活動を主たる目的とする団体(「農耕文化継承」を除く)
・政治活動を主たる目的とする団体
・暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)または暴力団(同法第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)若しくは暴力団員と密接な関係を持つ団体等

補助金額

(1) 各事業実施主体の1事業あたりの補助金額は以下のとおりとする。
  1 農耕文化継承  30万円以上100万円以内
  2 提案型地域活動  30万円以上50万円以内(ただし、営利目的の場合は、2分の1以内)
(2) 支払いは精算払いを原則とする。

募集期間(スケジュール)

(1)募集締切 5月27日(金曜日)まで ※17時まで必着
(2)書類審査  平成28年5月下旬~6月中
(3)採択決定通知 平成28年7月頃(予定)

問い合わせ先

国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会 (大分県農林水産企画課内)
担当 陣
電話097-506-3525

応募用紙

様式PDFWord
誓約書[PDFファイル][Wordファイル]
第1号様式(申請書)[PDFファイル] [Wordファイル]
第2号様式(事業計画書)[PDFファイル] [Wordファイル]
第3号様式(収支予算書) [PDFファイル][Wordファイル]

※募集に当たっては募集要項 [PDFファイル]をご覧ください
下記サイトからもダウンロードができます。

国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会ホームページ


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)