ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 介護保険等認定審査会事務局 > 平成25年度の介護認定審査会の取組み

平成25年度の介護認定審査会の取組み

印刷用ページを表示する 2014年1月31日更新

 平成25年3月18日・22日 介護認定審査会委員(新任)研修を受講しました

平成25年4月から新たに就任する審査会委員が円滑に審査が行えるよう、介護認定審査会委員(新任)研修が大分県北部保健所の主催により行われ、新任委員全員が受講しました。

参加者

平成25年4月1日から宇佐・高田地域介護保険等認定審査委員に新たに就任する予定の医療・保健・福祉の学識経験者15人

研修内容

・介護保険制度の現状・概要
・介護認定の仕組み
・審査判定実演DVD視聴
・審査判定のポイント(調査特記事項、主治医意見書)

平成25年4月1日 宇佐市役所大会議室において「宇佐・高田地域介護認定審査会総会」を開催しました

参加者

平成25年4月1日から宇佐・高田地域介護認定審査会委員に委嘱された学識経験者(留任・新任)委員のうち67名

内容

・市長による辞令交付
・会長選出、副会長指名、合議体委員長、副委員長選出
・大分県北部保健所長より介護保険制度の理念・最新情報の講話

平成25年度の認定審査会役員、16の合議体(グループ)の委員長・副委員長等を決定し、審査体制が整いました。

平成25年5月29日 宇佐市役所県別館において「宇佐・高田地域介護認定調査研修会」を開催しました

参加者

宇佐市・豊後高田市介護認定調査担当者12名

研修内容

・介護保険の要介護度を決定する審査を行うために必要な資料となる認定調査について、調査担当に対する認定調査研修を行いました。
・特に、要介護度決定の重要な資料となる特記事項の記入の要領について、重点的に研修しました。

認定審査会の視点から、認定調査において必要な情報とは何かということを理解することで、申請者の介護の手間を認定審査会にしっかりと伝達し、より適正な介護認定を行うための取り組みを推進しました。

 平成26年1月30日 大分県宇佐総合庁舎において「介護認定審査会委員(現任)研修」が開催されました

 参加者

宇佐・高田地域介護認定審査会委員60名

研修内容

・介護認定審査会委員が、要介護認定及び要支援認定における公平・公正かつ適切な審査判定を実施するために必要な知識・技能を習得・向上するために、大分県北部保健所が主催し、60名の委員の皆さんが受講しました。

・毎年行っている本研修は、大分県北部保健所と介護保険等認定審査会事務局職員が内容の検討を行い、本年度のテーマとして介護保険制度の現状や理念の理解、介護予防(要介護状態にならないようにするための取り組み)の必要性、認定の適正化のための注意点などを選定しました。

・講義のほかロールプレイ(劇)やDVDの視聴によって学習することで、認定審査会委員のテーマについての理解をいっそう深める取り組みを行いました。

kaijou1kaijou2