ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 介護保険課 > 蜷木1区にて宇佐市認知症等徘徊者捜索模擬訓練を行いました

蜷木1区にて宇佐市認知症等徘徊者捜索模擬訓練を行いました

印刷用ページを表示する 2015年10月23日更新

認知症等徘徊者捜索模擬訓練

平成27年10月18日(日曜日)10時~11時30分

 今、認知症は、だれもがなりうる病気と言われます。認知症の方を介護する家族やご近所さんが心配されることの一つに「行方不明」の問題があります。認知症の方の行方がわからなくなった時は、地域の皆さんで一緒に探すことが早期の発見につながります。
 そこで、捜索や声かけなど、認知症の方への具体的な接し方を実践を通して学ぶために、蜷木1区にて、地区の方より「家族が帰らない」と届け出があったという想定のもと、事前に行方不明者役2名を決めて捜索模擬訓練を行いました。
 秋晴れの空の元、捜索参加者は7班に分かれて担当する範囲を捜索し、無事行方不明者を発見し保護することができました。訓練終了後に意見交換を行い、参加した感想などを出しあいました。
 「どんな声かけをしたらいいの?」と認知症の方のことを考えながらの声かけ体験でした。参加された皆さま大変お疲れ様でした。
 今後、市内各地域で順次訓練を開催予定です。

参加者の皆さん捜索の様子反省会の様子