ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 子育て支援課 > 三世代同居リフォーム支援事業

三世代同居リフォーム支援事業

印刷用ページを表示する 2016年6月28日更新

三世代同居による子育ておよび世代間支援を図るため、三世代同居のための住宅改修費などを補助します。

対象

平成28年4月1日時点で18歳未満の子どもを1名以上含む三世代で構成される世帯
(出産や転居により今年度中に三世代同居となるものを含む)

対象工事

(1)三世代が同居するために
  1、玄関(※)  2、トイレ  3、浴室(脱衣所も含む)  4、キッチン
の4つの部位のうち、1部位以上を増設(改修による増設および増築による増設)し、増設後に2部位以上が複数となる工事。

※「玄関」とは建物の外部から世帯内外の人が建物内の主要な室に出入りできる部位をいう。

(2)世帯を区切るために間仕切り壁やドアを設置する工事

(3)補助対象となる工事と同時に行う、窓・外壁・屋根等の断熱化に係る省エネ改修工事

(4)その他知事が認める三世代同居のために行う改修工事

補助額

対象となる部分の工事費の50%(補助金上限75万円)

住宅要件

宇佐市内にある既存住宅で行う工事(既存住宅を購入する場合も含む)

※ただし、昭和56年5月以前に建てられた一戸建ての木造住宅にあっては、本事業におけるリフォーム完了後までに耐震性を有するものとする。

工事要件

★事前相談および補助金申請前に工事着手した場合は、いかなる場合においても補助金の対象となりません。
★補助要件を審査するため、改修前後の平面図および工事該当箇所の工事費見積書を提出してください。
★店舗などの併用住宅において、併用部分の工事は対象外です。

施工者要件

施工者の住所(法人の場合は本店の所在地)が宇佐市内にあること。

申込期間

平成28年7月1日(金曜日)~平成28年12月22日(金曜日)まで(先着順)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。