ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 子育て支援課 > 楽しかったよ!もちつき大会 (封戸保育園)

楽しかったよ!もちつき大会 (封戸保育園)

印刷用ページを表示する 2015年12月7日更新

三世代で和やかに

ガンバルゾ

 
 12月5日、子どもたちが楽しみに指折り数えて待っていた「餅つき大会」の日がやってきました。
 当日は気温も低く風も冷たい日でしたが、園児や保護者、地域の方々など、全員で力を合わせて餅つき大会を行いました。
 この「餅つき大会」は、子どもたちに昔ながらの伝統的な餅つきを体験してもらうため、薪で火をおこして、餅米をセイロで蒸して、臼と杵で餅をつき、出来上がった餅を丸める、という一連の工程で餅を作っています。
 特に薪で火をおこして餅米を蒸すという作業では地域の方々のお知恵を沢山いただくなど、今年も無事に美味しいお餅を作ることができました。
 子どもたちも、保育園でのお餅つきはずっと忘れることのない、大事な経験となったことでしょう。

みんなでおいしいお餅を作ったよ!!

餅米をセイロに入れるおかまに新聞を巻く餅米を蒸す
一晩かした餅米をセイロへ入れます。蒸気がもれないように濡らした新聞紙をお釜のふちへ貼り付けます。セイロから蒸気が上がり始めました。
餅をつく園児が餅をつく餅を丸める
お父さんもおじいちゃんもハッスル。「がんばって!」息を合わせて、ペッタン、ペッタン・・・みんなで応援しました。地域の方や保護者の方と子どもたちでお餅を丸めます。

 出来上がったお餅は「ぜんざい」や「あべかわ餅」にして、みんなで美味しく頂きました(・∀・)/

宇佐市立封戸保育園
平成26年度の思い出
平成27年度の思い出