ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 福祉課 > 第10回「ともに生きる」地域共生社会をめざす宇佐市民集会開催!!

第10回「ともに生きる」地域共生社会をめざす宇佐市民集会開催!!

印刷用ページを表示する 2017年2月9日更新

H26年度市民集会の様子1H26年度市民集会の様子2講師

 今年度で10回目となる、「『ともに生きる』地域共生社会をめざす宇佐市民集会」を開催します。
 障がいのある人や、その家族の人たちが、地域であたりまえの暮らしを実現すること、あわせて市民だれもが安心して暮らせる地域づくりを目指すことを目的に開催します。「ともに生きる」共生社会について、一緒に考えませんか?
 みなさんのご参加をお待ちしています。

 市民集会ポスター(A4) [PDFファイル/828KB]
 市民集会チラシ(A4) [PDFファイル/695KB] 

日時

 平成29年3月11日(土曜日) 13時00分~

場所

 さんさん館 多目的ホール

内容

講演

松本ハウス演題:統合失調症がやってきた

講師:松本ハウス(お笑い芸人)

<松本ハウス紹介文>
1991年からお笑いコンビ「松本ハウス」として活動。「進め!電波少年インターナショナル」、「タモリのボキャブラ天国」などのバラエティー番組でレギュラー出演し、一躍人気者になるも、ハウス加賀谷の病気(統合失調症)の療養を理由に1999年に突然活動休止。
10年の時を経て、2009年にコンビ復活。現在NHK Eテレ「バリバラ」等のテレビ番組にも出演。近年は、お笑い活動とともに、統合失調症に対する理解を呼びかける講演活動も積極的に行っている。

●ハウス加賀谷(左・ボケ担当)…1974年生まれ、東京都出身
●松本キック(右・ツッコミ担当)……1969年生まれ、三重県出身

実践体験報告

発表者:障がい福祉サービス事業所 きずな

(1)「夢を描く自分に挑め!」
(2)「病気と家族と趣味と、私のバラ色人生」

映像上映

 とぎれのない支援を実現するために10年の間に宇佐市自立支援協議会を通じて取り組んできた活動を当事者へのインタビュー等を交えながら映像として分かりやすく紹介していきます。

「“あったらいいな”からできたこと~宇佐市自立支援協議会の10年とこれから」

宇佐市に於ける「ともに生きる」 活動報告

 宇佐市及び自立支援協議会における1年間の取り組んだ内容を報告します。

入場料

 無料

主催

 宇佐市自立支援協議会

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)