ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 福祉課 > 生活保護制度について

生活保護制度について

印刷用ページを表示する 2013年9月19日更新

制度の目的

 生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を支援することを目的としています。

対象となる方

 資産、稼働能力などすべてを活用した上でも、生活に困窮する方を対象としています。各種の社会保障制度による支援、不動産などの資産、扶養義務者による扶養、稼働能力などの活用が保護実施の前提となります。

保護の内容

 生活保護は、生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助および葬祭扶助から構成されています。

保護費の計算

 生活保護費は、国が決めている基準に基づいて、あなたの世帯の最低生活費を計算し、その金額と、あなたの世帯のあらゆる収入とを比べて、その足りない分を保護費として支給します。

相談および手続き

 生活保護に関するご相談は、市福祉課、または安心院・院内支所市民サービス課にお問い合わせください。現在の生活状況などをお聞きし、生活保護を受けるための申請手続きなどについて説明します。