ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国保の届出

印刷用ページを表示する 2012年8月31日更新

 

国保の届出について

 被保険者に異動があったときは、世帯主が14日以内に届け出ることが、義務付けられています。届出が遅れてしまうと様々なご自身に不利益が生じる場合がありますので、ご注意ください。

 たとえば、加入の届出が遅れると、加入資格が発生した時点(届出日ではない)までさかのぼって保険税を納めなければならず、しかも、その間にかかった医療費は保険証がないため、全額自己負担となってしまします。

 このような思わぬ不利益をこうむらないよう、必ず、14日以内に届出を行ってください。

 主な届出

このようなとき 必要なもの等
国保に加入するとき他の市区町村から転入したとき
(市民課・出張所での届出時に)
  • 印鑑
職場の健康保険をやめたとき
被扶養者から外れたとき
  • 印鑑
  • 職場の健康保険をやめた証明書
子供が生まれたとき
(市民課・出張所での届け出時に)
  • 印鑑
  • 母子健康手帳
生活保護を受けなくなったとき
  • 印鑑
  • 生活保護停止(廃止)決定通知書
国保をやめるとき他の市区町村へ転出するとき
(市民課・出張所での届出時に)
  • 印鑑
  • 保険証
職場の健康保険に加入したとき
被扶養者となったとき
  • 印鑑
  • 保険証
  • 職場の健康保険証
死亡したとき
  • 印鑑
  • 保険証
生活保護を受けるようになったとき
  • 印鑑
  • 保険証
  • 生活保護決定通知書
そ の 他市内で住所が変わったとき
世帯主や氏名が変わったとき
世帯統合や分離したとき
  • 印鑑
  • 保険証
退職者医療制度の対象になったとき
  • 印鑑
  • 保険証
  • 年金証書
子供が就学のため、転出するとき
  • 印鑑
  • 在学証明書または学生証のコピー
保険証の紛失や汚して使えなくなったとき
  • 印鑑
  • 本人であることを証明するもの
  • 使えなくなった保険証