ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 健康課 > 上手なお医者さんのかかり方

上手なお医者さんのかかり方

印刷用ページを表示する 2012年8月17日更新

上手なお医者さんのかかり方についてご紹介します

ポイント1 できるだけ診療時間内に受診しましょう。

・診療時間内に、いつも診察をしてもらっている「かかりつけ医」に診てもらいましょう。
・かかりつけ医」なら、いつも診察している患者さんのことをよく知っているため、カルテの情報などから総合的に判断でき、適切な治療が受けられます。 
 《かかりつけ医についてはこちら》

ポイント2 休日・夜間等の急病のときのかかり方 

・休日の場合は、当番医がいます。 《日曜・祝日の在宅当番医はこちら》 
・当番医は診療時間を過ぎますと終了となりますので、必ず時間内においでください。なお、受診に際しては、健康保険証、医療費受給者証、診療費などのご用意をお願いします。
・夜間の場合は、まず、「かかりつけ医」にお問い合わせください。「かかりつけ医」なら、いつも診察している情報から総合的に判断し、適切な治療が受けられます。 
・救急の場合は、119番通報し、救急車を呼んでください。

ポイント3 症状や様子がわかる人がついて行きましょう。

・お子さんや高齢者の場合は、それまでの様子がわかる人がついて行きましょう。(熱、食事の状況、飲ませた薬などについて説明することができる人)

ポイント4 受診するときに病院などに持って行くと便利なもの 

・保険証、診察券、熱の状況を書いた体温表(グラフ)。
・飲んでいる薬や名前がわかるもの。

《お子さんの場合》
・母子健康手帳、子ども医療費受給者証。
・便の状態がおかしいと思うときは、その便をビニール袋に入れるなどして持っていく。
・紙おむつ、ミルクセット、汚れ物を入れるビニール袋、着替え、タオル、ティッシュペーパー、待ち時間のためのおもちゃ、絵本など。 

ポイント5 診察室で伝えること

・気になる症状はどんなことですか?
・その症状はいつからありますか?
・今までに大きな病気にかかったことがありますか?
・薬や食べ物のアレルギーはありますか?
・家族に同じような症状はありますか?