ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 健康課 > 管理栄養士おすすめ!健康レシピ 1月号 バランス健康レシピコンテスト最優秀賞作品の紹介!

管理栄養士おすすめ!健康レシピ 1月号 バランス健康レシピコンテスト最優秀賞作品の紹介!

印刷用ページを表示する 2018年12月25日更新

管理栄養士おすすめレシピ 1月号  バランス健康レシピコンテスト最優秀賞作品の紹介!

H30年度健康レシピ集はこちら

バランス健康レシピコンテストとは健康づくり事業の一環として市民の方に減塩を身近に感じ、バランスの良い食事を考えて頂くきっかけづくりとして開催されたコンテストです。今回は合計27件の応募作品の中から、受賞された3名の方のレシピを広報1月号から3月号にて、ご紹介致します。

最優秀賞「サバ缶入りかぼちゃのサモサ風 」    217kcal、塩分0.3g
出品者 加藤町子様(安心院町)
samosa

★健康ポイント…サバの味噌煮缶を使うことで、手間がかからず時短に繋がります。また、缶詰の魚は骨までやわらかいため、お年寄りやお子様も簡単にカルシウムをとることができます。汁は切って使うことで、余分な塩分をとることがありません。味付けはサバ缶のみそ味のみです。
★サモサとは…インドの軽食の一つ。ジャガイモなどつぶした具材に香辛料を加えて、水、小麦粉、塩で薄く伸ばした生地に三角形に包んで油で揚げるもの。
サモサの包み方
samosa1
1、春巻きの皮を用意します
samosa2
2、三等分にします
samosa3
3、オレンジの部分に具材を置きます

samosa4
4、点線に沿って折りたたみます

samosa5
5、さらに折りたたみます

samosa6
6、折りたたんでいきます

samosa7
7、周辺に水溶き小麦粉を塗り、閉じます

samosa8

8、完成です

 材料(3人分)

かぼちゃ(皮と中綿を除いたもの)…150g、サバの味噌煮缶…1缶(汁を捨て、固形分80g)、玉ねぎ…80g、ネギ…2本、生姜…1かけ、サラダ油…大さじ1、水溶き小麦粉…大さじ2(水:小麦粉=1対1)、春巻きの皮…4枚、揚げ油…適量、付け合わせ…お好みで

作り方

1、かぼちゃは7~8mmの薄さに切り、レンジで700wで5分加熱、その後マッシャ―でつぶしておく。
2、生姜、ネギ、玉ねぎをみじん切りにする。フライパンにサラダ油を熱し、生姜、ネギを香りが出てくるまで炒め、更にたまねぎを加えて水分がなくなる程度までよく炒める。
3、サバ缶の汁をきり、身をほぐしながら(2)に加える。更に(1)を加えよく混ぜ合わせる。一旦ボウルなどに移して冷ましておく。
4、春巻きの皮を3等分に切り、サモサ風に包んでいく。巻き終わりを水溶き小麦粉をのりとして塗ってとじる。
5、揚げ油を170℃に熱し、(4)をきつね色に揚げる。途中上下を返しながら表面がカリッときつね色になるまでゆっくり揚げて油を切る。
6、(5)を皿に盛り、付け合わせを添えて完成。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。