ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 健康課 > 交通事故や傷害事件などでけがを負わされたときは

交通事故や傷害事件などでけがを負わされたときは

印刷用ページを表示する 2018年11月16日更新

交通事故や傷害事件でけがを負わされたときは

 交通事故や傷害事件などで第三者(加害者)の行為によりけがをした場合の治療費は、加害者が負担することになっています。

 上記の理由で国保の保険証を使う場合は、保険者への届け出が義務付けられています。すみやかに市役所の健康課窓口へ届け出てください。自転車やバイクでの事故も対象となります。必ず届け出をお願いします。

 国保の保険証を使った場合、保険者(市)が加害者にかわりいったん立て替えて支払った治療費について、後日、加害者へ請求をします。

 

届出に必要なもの

     交通事故の場合、ご加入の自動車保険会社が書類作成や交通事故証明書の取得を代行する場合があります。自動車保険会社の担当者にご相談ください。

    届出に必要な書類については、大分県国民健康保険団体連合会ホームページをご覧ください。

    *交通事故にあった時は、必ず警察へ届出をして下さい。

     

    注意事項

     自転車での事故であっても、死亡や後遺症のため、賠償額が高額になる場合があります。自動車保険や火災保険の特約にある個人賠償責任保険など自転車損害保険への加入をお勧めします。次の場合は国保の保険証が使えません。
    ・すでに加害者から治療費を受け取っているとき。
    ・業務上のけが等のとき。
    ・飲酒運転、無免許運転などでけがをしたとき。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。