ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 健康課 > 熱中症に注意しましょう!

熱中症に注意しましょう!

印刷用ページを表示する 2019年5月27日更新

熱中症に注意しましょう!

大分県では高温注意情報が発令されており、熱中症の危険が高くなっています。
今年に入り、県内で2名の方が熱中症の疑いで亡くなっています。
今後も厳しい暑さが続くことが予想されますので、のどの渇きの有無に関わらず、こまめに休息をとり、十分な水分を摂取するなどをして熱中症に注意しましょう。

熱中症 を防ぐために

 熱中症になりやすい季節になりました。熱中症を正しく理解し、予防に努めましょう!

熱中症とは?

 高温多湿の日に、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。

こんな時に注意!

 気温が高い時、湿度が高い時、体調が良くない時、暑さに体がまだ慣れていない時、熱中症になりやすい!

こんな時も注意!

 屋外で活動しているときだけでなく、室内で特に何もしていなくても熱中症になり、救急搬送されたり、死亡する事例があります。室内にいる時も注意が必要です。

予防のポイントは「水分補給」と「暑さを避けること」です!

こまめな水分・塩分の補給

特に高齢者、障害児・障害者の場合、のどの渇きを感じなくても、こまめな水分補給を!

熱中症を予防する室内環境

●扇風機やエアコンを使った温度調整
●室温が上がりにくい環境の確保(こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など。

※「節電のためだから・・・」「エアコンは苦手・・・」、そう言って暑いのを我慢していませんか?夜眠っている時にも熱中症になることがあります。無理せず、我慢せず、エアコンを上手に使いましょう!

体調に合わせた対策

●こまめな体温測定(特に体温調節機能が十分でない高齢者、障害児・障害者、子ども)
●通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用
●保冷剤、氷、冷たいタオルなどによる体の冷却

外出時の注意

●日傘や帽子の着用
●日陰の利用、こまめな休憩
●通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用
●天気の良い日は昼下がりの外出はできるだけ控える

もし熱中症が疑われる人をみかけたら・・・

1.涼しい場所へ避難させる
2.衣服を脱がせ、身体を冷やす
3.水分・塩分を補給する

※自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに救急車を呼びましょう!

環境省熱中症予防情報

こちらのホームページで今日の暑さ指数をチェックできます。
《環境省熱中症予防情報》

熱中症一時休憩所

宇佐市では熱中症予防のため、冷房の入った身近な施設を一時休憩所として設置しています。
一時休憩所は、下記のとおりです。

1.宇佐市役所本庁舎2階(ロビー)
2.宇佐市役所新別館1階(福祉課)
3.安心院支所
4.院内支所
5.宇佐市民図書館
6.四日市コミュニティーセンター(四日市出張所)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。