ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 生活環境課 > バイオマスタウン構想について

バイオマスタウン構想について

印刷用ページを表示する 2012年6月1日更新

 宇佐市は、県内有数の穀倉地帯であり、米・麦を中心とした穀物類の生産量が多く、また、海岸から山地までの変化に富んだ地形条件を有しており、多様性のある産業構造が形成されています。そのため、家畜排せつ物や焼酎粕など有望なバイオマス資源が多く賦存しています。
 そこで、バイオマスの利活用ならびに地産地消・資源循環を推進し、環境にやさしい元気なまちづくりを目指すため、『宇佐市バイオマスタウン構想』を策定し、全国に公表しました。
 具体的な利活用計画や目標などは、『宇佐市バイオマスタウン構想』をダウンロードのうえ、参照してください。
 また、構想の「概要版」(ダイジェスト版)や「学習資料」も作成しました。

ダウンロード

宇佐市バイオマスタウン構想 [PDFファイル/906KB]
宇佐市バイオマスタウン構想(概要版) [PDFファイル/2570KB]
宇佐市バイオマスタウン構想(学習資料) [PDFファイル/3787KB]


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)