ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 生活環境課 > 「残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動」

「残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動」

印刷用ページを表示する 2018年11月13日更新

こんなに出ている食品ロス

「残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動」
食べ物を捨ててしまうなんてもったいない!

まだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」は、全国で年間621万トンもあると言われています。
(農林水産省および環境省「平成26年度推計」)

これは、世界全体の食料援助量(年間約320万トン)の約2倍にもなります。

この食品ロスの問題を知ってもらい、減らしていくために、宇佐市では、「残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)

運動」をはじめとする食品ロス削減の取り組みを推進しています。

「残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動」

飲食店等からの生ごみのうち、約6割がお客さんの食べ残した料理です。

会食、宴会時での食べ残しを減らすために、以下について取り組んでみましょう。

1 注文の際に適量を注文しましょう。

2 乾杯後30分間は席を立たず料理を楽しみましょう。

3 お開き前10分間は自分の席に戻って、再度料理を楽しみましょう。

ぜひ、職場の宴会から始めていただき、「もったいない」を心がけ、食品ロス削減の取組みにご協力ください。

「残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動」 [PDFファイル/7.01MB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)