ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 生活環境課 > 収集時火災の原因となるスプレー缶やライターの適切なごみ出しをお願いします!

収集時火災の原因となるスプレー缶やライターの適切なごみ出しをお願いします!

印刷用ページを表示する 2018年12月18日更新

穴があけられていないスプレー缶やカセットボンベ、ライターをごみに出すと、残ったガスが収集車の中で噴出し火災の原因となります!!

 スプレー缶やカセットボンベは必ず中身のガスを完全に使い切ってから穴をあけ、ライターはガス抜きをしてから「もやせないごみ」に出しましょう。

kasai

対応策

kankan

(1)スプレー缶・ガス缶は必ず近くに火気がないことを確認したうえで、風通しのよい屋外で放出する。ガスを完全に使い切り、缶に穴をあけてガス抜きをする。

(2)ライターも同様に火気のないことを確認したうえで、風通しのよい屋外で次の方法でガス抜きをする。
輪ゴムや粘着力の強いテープで、押し下げたままのレバーを固定する

※ごみを出す前にもう一度「きちんと処理ができているか」を確認し、処理方法がわからない場合は、宇佐市生活環境課までお問い合わせをお願いします。

ライターの捨て方 [PDFファイル/570KB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)