ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 担当課でさがす > 税務課 > 個人住民税について

個人住民税について

印刷用ページを表示する 2014年4月1日更新

個人住民税(市民税・県民税)とは

個人市民税は、一般に個人県民税とあわせて個人住民税と呼ばれており、定額で課税される「均等割」と、前年1年間の所得に応じて課される「所得割」とで構成されています。

 均等割

  • 均等割額は、市民のみなさんに広く均等に負担していただくものです。
  • 東日本大震災を踏まえて、全国的に実施する防災のための施策に要する費用の財源を確保するため、地方税法の臨時特例法が成立し、平成26年度から平成35年度の10年間に限り、市民税・県民税の均等割額にそれぞれ500円が加算されます。

※なお個人県民税については、大分県独自の「森林環境税」500円が含まれています。

改正前

(平成25年度まで)

改正後

(平成26年度から平成35年度まで)

市民税

3,000円

3,500円

県民税

1,500円

2,000円

合 計

4,500円

5,500円

 所得割

  • 所得割の税額は、一般に次のような方法で計算されます。

(所得金額-所得控除額)×税率-税額控除=所得割額

※分離課税所得に対する税率はこのとおりではありません。

個人市民税の税率

個人県民税の税率

6%

4%

非課税になる人

  • 以下の条件に該当する方が非課税となります。

※年の途中で上記の該当となった場合はこのとおりではありません。

均等割も所得割もかからない方

生活保護法による生活扶助を受けている方

障害者、未成年者、または寡婦・寡夫で、前年の合計所得金額が125万円以下の方