ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 平成23年7月1日『食べる小ねぎ』味一ねぎ夏のメニューフェア

平成23年7月1日『食べる小ねぎ』味一ねぎ夏のメニューフェア

印刷用ページを表示する 2012年6月1日更新

 『食べる小ねぎ』味一ねぎ夏のメニューフェア試食会(平成23年7月1日)

 市長あいさつ

 平成23年7月1日(金曜日)、市役所にて、報道関係者を招いて、宇佐市の特産品である味一ねぎを使って開発された、ざるうどんの試食会が開催されました。
 市は、『味一ねぎ』をそのまま食べるだけではなく、加工して様々な食品に応用させていこうと、商品開発チームと協働で加工品開発に取り組んできました。そうした中、味一ねぎの粉末が完成し、それを練り込んだざるうどんが市内の飲食店で販売されることになりました。

新メニュー

 翡翠色の麺は、夏らしく涼やかで、目から楽しませてくれます。また、ねぎ特有の辛み成分『アリシン』は、食欲を増進させ、胃もたれを防ぐ消化促進作用や体を温め、冷え性を防ぐ血行促進作用があるため、夏バテ防止・解消に効果があり、体にも優しいです。