ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 東京2020オリンピックモンゴル国テコンドー競技代表チーム事前キャンプに関する協定書締結式(令和元年9月30日)

東京2020オリンピックモンゴル国テコンドー競技代表チーム事前キャンプに関する協定書締結式(令和元年9月30日)

印刷用ページを表示する 2019年10月1日更新

協定書署名の様子協定書締結式記念撮影モンゴル国テコンドー連盟宇佐市表敬訪問市長あいさつ

 9月30日(月曜日)、大分県庁本館4階貴賓室にてモンゴル国のダンバダルジャー・バッチジャルガル駐日大使の立会いのもと大分県と宇佐市、モンゴル国テコンドー連盟が、東京2020オリンピックでのテコンドー競技代表チームの事前キャンプ場所を宇佐市とする協定書を取り交わしました。
 市長は、「宇佐市はモンゴル国とたいへん縁が深い土地であります。まず、昭和の大横綱と呼ばれた双葉山の生誕100周年事業では、白鵬関に宇佐神宮で奉納土俵入りをしていただきました。また、2年前にはテコンドーのナショナルチームにお越しいただき全日本強化指定選手と合同合宿が行われるなど多くの交流実績を残しています。こうしたご縁が今回の協定書締結に繋がったものと思います。これを機にモンゴル国と宇佐市との友好関係が進展するよう願っています」とあいさつしました。 
 協定書締結後、モンゴル国駐日大使とモンゴル国テコンドー連盟の御一行が宇佐市を表敬訪問され、市役所ロビーで歓迎しました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。