ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 宇佐神宮放生会シンポジウム2019(令和元年9月7日)

宇佐神宮放生会シンポジウム2019(令和元年9月7日)

印刷用ページを表示する 2019年9月9日更新

市長あいさつ放生会シンポジウムの様子

 9月7日(土曜日)、宇佐文化会館小ホールにおいて、宇佐神宮最古の特殊神事と伝わる放生会に関する知識と地域財産としての位置づけを市民のみなさんに知ってもらおうと「宇佐神宮放生会シンポジウム」が開催され、約200人の参加がありました。
 シンポジウムでは、第1部で別府大学学長の飯沼 賢司(いいぬまけんじ)氏による「世界から見た放生会の特殊性」をテーマとした基調講演があり、第2部では、小野 辰浩(おのたつひろ)市観光協会事務局長をコーディネーターに放生会ゆかりの地からパネリストを迎え、パネルディスカッションが行われました。
 市長は、「本日は、本シンポジウムに放生会にゆかりのある地から大変多くのみなさんにご参加いただき嬉しく思います。以前、中野 幡能(なかのはたよし)先生は放生会の精神は世界の恒久平和につながるような概念であると言っていますが、私たちは1300年も続くその精神をもっともっと広めていかなければなりません。今日のシンポジウムはそのスタートです。みなさんにはこの地域財産を今まで以上に深く理解していただくとともに、国際的にも評価されるような取り組みとなるよう期待し、市としましてもできる限り、活動を支えていきたいと考えています」とあいさつしました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。