ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 2019日本拳法総合選手権大会出場報告会(令和元年8月20日)

2019日本拳法総合選手権大会出場報告会(令和元年8月20日)

印刷用ページを表示する 2019年8月22日更新

報告会のようす記念写真

  8月20日(火曜日)、大分拳精館宇佐支部の選手らが木村知弘(きむらともひろ)監督とともに来庁し、市長に全国大会への出場を報告をしました。4月14日に福岡県朝倉市で行われた「第12回日本拳法九州総合選手権大会」において、小学4年生の部で谷村康太(たにむらこうた)さんが優勝、小学6年生の部で木村夏絆(きむらなずな)さんが準優勝、幼児の部で谷村菜月(たにむらなつき)さんが準優勝されました。また、7月2日に大分拳精館道場で行われた「2019年度総合選手権大分県予選会」において、中学生の部で木村琉希(きむらりゅうき)さんが優勝されました。谷村康太さん、木村夏絆さん、木村琉希さんは9月22日に大阪市中央体育館で開催される「2019日本拳法総合選手権大会」に出場します。
 選手がそれぞれ全国大会への決意を述べると、市長は、「全国大会への切符を勝ち取られたみなさん、まことにおめでとうございます。日頃の練習の成果と、大会で力を出し切る精神力があっての結果だと思います。全国大会では、それぞれが決意表明で述べられた目標を達成し、よい報告が聞けることを期待しています。」と激励しました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。