ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 安心院葡萄酒工房2018樽開き(平成30年4月14日~15日)

安心院葡萄酒工房2018樽開き(平成30年4月14日~15日)

印刷用ページを表示する 2018年4月16日更新

市長あいさつ樽開き2018

 4月14日(土曜日)、15日(日曜日)の2日間、安心院葡萄酒工房で昨年仕込んだワインの出来栄えを披露する「2018年樽開き」が開催されました。
 開会式では、東京都新宿区にある「一味真(いちみしん)」総支配人の小川貞夫さんがスパークリングワインのボトル口をナイフで切る「サーベラージュ」を披露し幕が開けると、参加者は、仕込みを行った販売前の14種類のワインのテイスティングを生演奏を聴きながら楽しんでいました。
 市長は、「ロシアのプーチン大統領が来日し、安倍首相と会談した際に乾杯したワインは、実は、安心院のスパークリングワインでした。まさに日本を代表するスパークリングワインとして提供されたわけです。日本のワインは今、非常に世界で注目されており、市場が伸びております。そんな中、安心院ワインは供給する原料のぶどうが足りず、ぶどう園の再編事業において、戦略的に将来の安心院ワインを担う品種を多く植えているところです。本日は、原料のぶどうが順調に育ち新たなワインが生まれることを期待し、世界のワインとなるよう夢見ながら樽開きを楽しみましょう」とあいさつしました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。