ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 「人権愛の花」受け渡し式(平成29年10月4日)

「人権愛の花」受け渡し式(平成29年10月4日)

印刷用ページを表示する 2017年10月5日更新

市長あいさつ記念撮影

 10月4日(水曜日)、宇佐人権擁護委員会と宇佐産業科学高校生のみなさんが来庁し、大分地方法務局宇佐支局長立ち合いのもと、「人権愛の花」の受け渡し式が行われました。同委員会は、平成16年度より宇佐産業科学高校の学生とともに、サルビアを育て、人権啓発活動の一環として地域の公共施設や学校に「人権愛の花」として送り届ける活動を続けています。
 市長は「昨年人権に関する法律が3つ施行されました。裏を返せばいまだ差別が絶えないということであり、人権尊重の心を育てるには地道な努力が必要です。人権愛の花運動は、花を見て心が和むとともに、花につけられている標語をみることで、標語に書かれている思いで花を植えているんだと心に刻まれる、とても価値のある運動だと思います。今後も活動を続けていただき、人々の心に人権の花を咲かせていってください。」とあいさつしました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。