ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 寺司勝次郎氏の収集資料を寄贈していただきました(平成29年9月22日)

寺司勝次郎氏の収集資料を寄贈していただきました(平成29年9月22日)

印刷用ページを表示する 2017年9月29日更新

市長あいさつ資料鑑賞の様子

 9月22日(金曜日)、平和ミュージアムの展示や資料として役立ててもらえればと、ご遺族から寺司勝次郎氏の収集資料などが寄贈されました。「屋根の版画家」として知られる寺司勝次郎氏は、海軍航空飛行予科練習生(予科練)にかかわる写真や資料、また戦中期の庶民の生活道具や書籍を収集しており、今回、それら911点が宇佐市に寄贈されました。
 市長は「貴重な資料をたくさん寄贈いただきありがとうございます。寄贈いただいた展示品や資料は現在建設予定の平和ミュージアムに展示し、多くの方に観ていただき、平和学習の一助にしたいと思います。また、資料の中には宇佐海軍航空隊のものもあり、研究資料としても役立てたいと思っています。」とあいさつしました。寄贈された収集資料は、10月15日まで宇佐市民図書館2階渡綱ギャラリーにて展示されるとともに、2020年建設予定の平和ミュージアムで展示される予定です。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。