ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 第47回全国中学校相撲選手権大会(平成29年8月19日)

第47回全国中学校相撲選手権大会(平成29年8月19日)

印刷用ページを表示する 2017年8月21日更新

市長あいさつ西部中 奥 知久くん取り組み

 8月19日(土曜日)から20日(日曜日)にかけて、宇佐市総合運動場相撲場で「第47回全国中学校相撲選手権大会」が開催され、47都道府県から地方大会を勝ちあがった団体・個人が参加しました。
 市長は、「全国の中学生力士のみなさん、ようこそ宇佐市にお越しくださいました。宇佐市は不滅の69連勝を成し遂げた双葉山の生誕地であり、全国選抜大学相撲および高校相撲が半世紀以上にわたって開催されている相撲の聖地であります。みなさんは日ごろの練習の成果を十分に発揮し、中学生らしく頑張ってください。宇佐市には全国八幡社の総本宮である宇佐神宮があります。また、からあげ専門店発祥の地でもあり、宇佐からあげの専門店もたくさんありますので、大会の合間には、ぜひ時間の許す限り宇佐市を堪能してください。選手のみなさんのご健闘をお祈りします。」と歓迎のあいさつをしました。
 開会式では、宇佐市立西部中学校の奥 知久(おく ともひさ)主将が力強く選手宣誓をし、決戦の火蓋が切って落とされました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。