ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > フォトアルバム > 2017世界少年野球大会日本代表合宿宇佐市歓迎セレモニー(平成29年7月16日)

2017世界少年野球大会日本代表合宿宇佐市歓迎セレモニー(平成29年7月16日)

印刷用ページを表示する 2017年7月19日更新

花束贈呈記念撮影

 7月16日(日曜日)、平成の森公園野球場で2017世界少年野球大会日本代表合宿宇佐市歓迎セレモニーが開催されました。セレモニーに先立ち、宇佐市出身の木部嘉成(きべよしなり)監督ほか代表メンバーは宇佐神宮で必勝祈願を行いました。セレモニーでは、代表監督と選手に歓迎の花束が贈呈され、主将を務める桑原秀侍(くわはらしゅうじ)選手が「日本の日の丸を背負い、世界一を目指して精一杯プレーしてきます」と力強く決意表明をしました。
 市長は「日本代表のみなさん、ようこそ宇佐市にお越しくださいました。来る世界大会では、これまで培われた礼儀作法、基本プレー、チームプレーをこの合宿でしっかりと確認し、実力をいかんなく発揮してください。日の丸のユニフォームに袖を通してプレッシャーもかかると思いますが、日本国民全員がみなさんを応援しています。宇佐神宮の神様も応援しています。その応援を力にして頂点を掴んでください。そして、木部監督を二度三度と胴上げしてください」とあいさつしました。
 日本代表は、8月6日(日曜日)からアメリカ合衆国カリフォルニア州アラメダで開催される2017世界少年野球大会に出場します。優勝に期待がかかります。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。